SHOES OR

靴による人工生命への実験的アプローチ
SHOES ORは、靴による人工生命への実験的アプローチ作品です。靴という人間に履かれることで意味を持つ道具から、主体である人間を取り除き完全な無機物とした上で、音やインタラクション、複数個体による社会性など、人工生命を構成するいくつかの要素をインストールすることで、プレゼンスを表現している。池上高志、落合陽一らを審査員に迎えて開催された『3331α Art Hack Day 2016 』にてインスタレーション作品 'SHOES OR' が最優秀作品賞を受賞。

Show More

Experimental approach artificial life create with shoes.
"SHOES OR" is an experimental approach to artificial life which uses shoes as a medium.According to Professor Takashi Ikegami, Information Science at the University of Tokyo.The idea of artificial life is the existence created by behavior that feels life without holding any organic functional or structural life such as cells / body tissues.We aim to update the definitions of life through this approach.

"SHOES OR" won the top prize at 3331α Art Hack Day 2016.

Supported by FOSTEX.
In Collaboration with ALife Lab.